*

プレーがOOOOな人は、なかなか100を切れない!

      2017/04/11

プレーファーストの時計

 

 

OOOOの答えは…

 

 

 

 

「ゆっくり」です(^^)

 

 

 

 

 
様々なスコアアップ方法がありますが、

今回は、プレーの早さがスコアに及ぼす影響についてお話します。

 

私の先輩のプロゴルファーも話していましたが、

プレーが遅い人に上手な人はいません

 

 

今回は、その理由についてお話します。

 

 

 

 

ゴルフスイングで重要なのは、リズムテンポです。

 

これは、プレーにも言えることです。

 

 

 

谷越えや狭いホールなど

プレッシャーのかかる場面があります。

 

この場面では、いろいろ考えることによって

プレーが遅くなります。

 

 

余計なことを考える時間を与えない方が、

体がスムーズに動いてミスショットを減らせます。

 

 

 

フェアウェイはだらだら歩かないことも重要です。

 

しっかり背筋を伸ばして、

早く歩く習慣をつけるといいですね。

 

 

ミスショットをした後でも、あえて背筋を伸ばし

きびきび歩くと、気持ちを引きずりません。

 

 

 

セルフプレーで、自分のボールを確認してから

カートにクラブを取りに行く方もいます。

 

これではプレーのリズムも悪くなりますし、

なりよりも自分が疲れます。

 

 

・ボールを打った後にカートに乗るときはクラブを持ったまま乗る。

・そして、次打つクラブを取るときについでにキャディーバックにしまう。

・ボールは複数個持っておく。

 

など、

プレイファーストを常に心がけると

ゴルフのリズムが良くなり、

不思議とスコアも良くなります。

 

 

プレーが早いとリズムも良くなります。

少しでも自分のルーティン(※)が

遅いと感じるようであれば、

改善することをオススメします。

 

 

構えてからなるべく早く打つことによって、

悩まないでショットすることができます。

 

パターも必要以上に悩まないことですね。

「決めたら打つ!」

 

 

グリーンに上がると傾斜が読み難くなります。

 

傾斜も、グリーンに上がる前に

一番高い所と、一番低い所を

把握することが大事です。

 

 

 

 

初心者は打数が多くなって時間がかかるのは当然です。

 

その分足早に行動して時間短縮すれば

プラマイゼロです。

 

最初の内は走ることも必要です。

 

 

その場合、移動は早目に、

打つ時はなるべく息を落ち着かせて

ショットするといいでしょう。

 

 

プレーが早い人は、一緒に回っていて

気持ちがいいです。

 

ゴルフに誘われる機会も多くなるでしょう。

 

誘われると練習しなくてはいけません。

練習すると上達します。

 

プレーが早い人は上達も早い理由がここにもあります。

 

 

プレイファーストは紳士淑女のスポーツである

ゴルフマナーの一番の基本です。

 

ゴルフの精神である「他のプレーヤーに対する心配り」

を考えると、プレーも早くなるのではないでしょうか。

 

 

 

☆今回のまとめ☆

・効率の良いプレーをするとリズムが良くなり自分の体力も温存できる

・プレイファーストを心がけると上達する

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

用語集

※ルーティン:繰り返し行うこと。ショットに入る前の決まった動作のこと。

 

 

 

 
★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!★

最近人気のゴルフレッスンブログも見れます!


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

 

 

 

 

 - コースマネジメント, 練習方法 , ,