*

何故チャンスホールでミスをするのか?

      2017/04/05

失敗と成功

 

300ヤード以下の短いホール、

フェアウェイが広いホールなど、

簡単と言われるホールの1打目で

ミスをしたことはありませんか?

 

このようなチャンスホールと言われるホールで

普通にドライバーを打てば残り距離は短いのにチョロ(※)…

フェアウェイは凄く広いのに大きく曲がってOB(※)…

など、経験があるのではないでしょうか?

 

 

本日はそのようなミスをしない方法をお話します!

 

 

 

その方法は、

①ドライバーを短く握る

②ドライバー以外のクラブで打つ

です!

 

 

短いパー4は、ティーショットが上手くいけば、

確かにチャンスホールです。

 

しかし、大体は何かしらの「罠」があります。

 

 

 

ドライバーを打てば、

・ちょうどいい距離にバンカーがある

・OBが浅い

などはあると思います。

 

しかし、一番の罠は「力みやすい」ことです。

 

 

少しでもグリーンに近づけたいので、

自然と力みやすくなります。

 

その力みが、

普段は出ないような大きなミスにつながります。

 

 

 

このようなホールでは、欲を捨てて、

いかに普段通りのスイングができるかが重要です。

 

 

 

そのために、最初から飛距離は捨てて、クラブを短く握ります。

 

クラブを短く握ることで、飛距離を求めず

スイングのリズムが良くなります。

 

ミート率が上がるので、

思ったよりも距離が出たりします。

 

 

 

もう一つ、

「ドライバー以外のクラブで打つ」

も、とても効果的です。

 

 

例えば284ヤードのパー4があったとします。

 

このようなホールだと、

確かにドライバーでナイスショットをすれば、

グリーン近くまでボールは飛んでいくでしょう。

 

しかし、上記のように「力み」の罠もあります。

 

 

このような時は、

自分の得意な距離を残すことを考えます。

 

 

例えば、100ヤードのショットが得意な方は、

ティーショットで184ヤードを打てば良いのです。

 

少しでも遠くへ飛ばすのではなく、

自分の狙った通りの距離を打つことを

考えることで、力みは消えます。

 

 

 

是非参考にしていただけたらと思います。

 

 

用語集

※チョロ
ショットした時のミス打球のこと。チョロっとしか飛ばないこと。

※OB
アウトオブバウンズの略。プレーできない、コース外の区域を指す。
通常は白杭で表示している。

 

 

 

 

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!★

最近人気のゴルフレッスンブログも見れます!


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

 

 

 - コースマネジメント , , , ,