*

カップをオーバーしないと一生入らない!返しのパットは入る理由

      2017/03/29

ゴルフのパターとグリーン

 

 

100切りのためには、

パター数を減らすことが大きな鍵になります。

 

パター数を減らすためには

カップを過ぎるくらいの距離感で打たないといけません。

カップに届かないと一生入らないですからね。

 

万が一入らなくても、返しのパットは簡単です。

なぜなら…

 

今日は返しのパットを入れるコツについて

お伝えします。

 

 

 

返しのパットを入れるコツ

それは

「ボールの転がりを最後まで見ておく」

ことです。

 

 

たったこれだけですが

多くの人が実践していません!

 

 

これは、打ったパットが

カップを過ぎることが条件です!

 

返しのパットは、通ってきた道を帰るだけなので

入る確率は高いはずです。

 

最後までボールの転がりを見ていると、

返しのラインの答えが見えます。

 

答えが見えるわけですので、

あとはその目標に向かって打てば良いのです!

 

 

カップを過ぎないと一生入らないので、

最初のパットは少しカップを

過ぎるくらいに打てるといいですね。

 

 

パターを打つときは、

最後までボールの転がりを集中して見ておく!

 

 

これで返しのパットは怖くないはずです。

 

 

☆今回のまとめ☆

・ボールの転がりを最後まで集中して見ることにより、返しのパットのラインがわかる

・たとえ最初のパットが外れても、その先のボールの転がりを見ておく!

・カップを過ぎないと一生入らない

 

 

 

 

今回も最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!

 

 

 

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!★

最近人気のゴルフレッスンブログも見れます!


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

 

 

 

 - コースマネジメント, パター , , ,