*

今週の練習はこれ!vol.3【アドレス時の両肩の向きと球筋の関係と練習方法3つ】

   

方向を示す矢印

 

ボールが思ったように飛びません。

そのような時あなたはどこを直しますか?

 

3秒考えてください。

 

 

ほとんどの方はスイングを直すと思います。

しかし、その前にチェックする大事なポイントがあります!

 

 

 

スイングは特に問題ないのに、

実際はアドレスにエラーがあるだけの方が多いです。

 

アドレスにエラーがある状態では、

良いスイングはできません!

そして、良いボールも打てません!

 

スイングを直す前に、

まずはアドレスのチェックから始めましょう!

 

 

 

今日のテーマは

「アドレス時の両肩の向きとボールの飛び方の関係」

です。

 

 

 

普段、ボールが思った通りに飛ばない人は

もう一度基本に戻ってアドレスを確認してみてください。

 

 

 

1、アドレス時の両肩の向きの基本

ゴルフの正しいアドレス。両肩の向きは目標線に平行

後方から

 

ゴルフの正しいアドレス。両肩の向きは目標線に平行

前方から

 

 

正しい両肩の向きは目標線に平行です。

 

両足(かかと)、両膝、腰、両肩が目標線に平行になります。

 

 

両足(かかと)と書いているのは、

両足のつま先で合わせてしまうと、

つま先を開いている人はまっすぐ向いていないことになります。

 

ですので、かかとで合わせることが大事です。

 

 

一番大事なのは、両肩の向きです!

 

両足の場合は、

左側を向く(オープンスタンス)も良いと思います。

 

しかし、肩までオープン(左方向を向く)になってしまうと、

ボールはまっすぐ飛びません。

 

もちろん、

両膝と腰の向きも大事ですが、

特に両肩の向き」に注意しましょう。

 

 

 

2、両肩が開いている(オープンになっている)

ゴルフのアドレス。両肩がオープンになっている

後方から

ゴルフのアドレス。両肩の向きがオープンになっている。

前方から

 

 

両肩の向きが目標線よりも左を向いていると、

クラブヘッドが肩の向きに沿って振られてしまいますので、

アウトサイドインの軌道になりやすいです。

 

 

そのために、

・スライスボール

・ボールが左に飛び出す

・シャンク

などが出やすいです。

 

上記の症状がある人は、

両肩がオープンになっている可能性が高いです。

 

一度チェックしてみてください!

 

 

 

3、両肩が閉じている(クローズになっている)

ゴルフのアドレス。両肩の向きがクローズになっている。

後方から

ゴルフのアドレス。両肩の向きがクローズになっている。

前方から

 

 

両肩の向きが目標線よりも右を向いていると、

インサイドアウトの軌道になりやすいです。

 

そのために、

・フックボール

・ボールが右に飛び出す

ことが多くなります。

 

上記の症状がある人は、

両肩がクローズになっている可能性が高いです。

 

一度チェックしてみてください!

 

 

 

4、両肩の向きを真っ直ぐにする練習方法

 

①両肩にゴルフクラブをあてがう

両肩の向きを真っすぐにする練習方法。ゴルフクラブを肩にあてがう。

後方から

両肩の向きを真っすぐにする方法。ゴルフクラブヲ両肩にあてがう

前方から

 

 

両肩にゴルフクラブをあてがい、

目標にまっすぐ向いているか確認します。

 

 

 

②左手で右肩を引っ込める

正しいアドレスの作り方。左手で右肩を引っ込める

後方から

正しいアドレスの練習方法。左手で右肩を引っ込める

前方から

 

 

両肩が左方向を向いている人は、

左手で右肩を引っ込ませる方法も良いですね。

 

ドライバーの場合は、

ボール位置が左足かかと線上になりますので、

右肩が前に出やすくなります。

 

左手で右肩を引っ込めることにより、

両肩の向きがスクエアになります。

 

 

 

③アドレスの入り方を変える

正しいアドレスを作る練習方法。

右手からアドレスに入る人も、

両肩がオープンになりやすいです。

 

右手でアドレスに入り目標を確認すると、

写真のように肩が開きやすくなるので注意しましょう!

 

 

正しいアドレスの作り方

そのような人は、

左手からアドレスに入ると良いです!(写真参考)

 

左手からアドレスに入ることにより、

両肩の向きがオープンになりづらくなります(^^)

 

 

 

 

以上が今回の内容になります。

 

・スライスボールの人は両肩の向きをクローズに

・フックボールの人は両肩の向きをオープンに

それが結果的に両肩が目標にまっすぐ向いた構えになります。

 

 

私の経験上、

両肩がオープンの人は右を向いている感覚で

ちょうど真っ直ぐ向いているはずです。

 

クローズの人は左を向いている感覚で

ちょうど真っ直ぐ向いているはずです。

 

しばらく練習すれば、

実際の肩の向きと感覚が合ってきます。

 

 

あなたのショットが曲がるのは、

スイングが悪いのではなく、

アドレスが悪いからかもしれません。

 

もう一度両肩の向きを確認していただけたらと思います。

 

 

 

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 
★ゴルフ動画更新情報★

NEWアイコン石川遼プロによるブレないパターを打つための練習方法

 

 

 

★あとがき★

 

残り2日で2017年になりますね。

 

今年は、今までで一番時間の進みが早かったです。

あっという間に1年が過ぎました。

 

 

周りの方々のおかげで1年間頑張ることができました。

 

今年も本当にお世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。

 

→愛甲ブログはこちらから

 

 

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!★
最近人気のゴルフレッスンブログも見れます!


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

 

 - スイング, 今週の練習はこれ!, 練習方法 , , , ,