*

ゴルフスイング8つの名称!これからあなたが目指すべき基本

      2016/12/29

ゴルフスイング

 

 

ゴルフスイングにはパーツごとにそれぞれ呼び方があります。

 

スイングの名称は、

今後のブログでも何度も書く事になるので、

しっかり覚えていただけたらと思います。

 

 

スイングの名称は、

アドレステークバックバックスイングトップオブスイング

ダウンスイングインパクトフォロースルーフィニッシュ

の8つになります。

 

 

 

①アドレス

ボールを打つための姿勢がアドレスです。

バランスよく力まないように構えることが大切です。

 

 

ゴルフの正しいアドレス

後方から

・体重は拇指球(足の裏の親指の付け根にあるふくらんだ部分)にかけます。

・足の付け根から軽く前傾します(→前傾が浅くても深くてもダメな理由はこちら)

・膝は軽く曲げます。

・両足、両膝、腰、両肩は、目標線に平行にします。

・背筋(せすじ)も真っ直ぐにします。

・両腕は脱力し、重力に従って真下に下ろします。

 

 

ゴルフの正しいアドレス

前方から

・体重は左右均等にかけます。

・左手は左足の付け根の前になります(全クラブ共通)

・力みやすい人は、グリップを軽く握るようにしましょう。

・クラブを握った時に右手が下になるので、その分だけ右肩は下がります。

・両足の幅は7アイアンで肩幅くらいにしましょう。

・ボール位置は7番アイアンで両足の真ん中、ドライバーで左足かかと内側です。

 

 

 

②テークバック

バックスイングの初期動作のことをテークバックといいます。

大体クラブシャフトが地面と平行まで上がった位置ですね。

 

テークバックは、

手先でヒョイとクラブを上げるのではなく、

身体全体でクラブを上げることが大切です。

 

身体全体でクラブを上げる練習方法は

違う記事でお伝えしますね(^^)

 

 

ゴルフの正しいテークバック

後方から

両腕と両肩で出来た三角形を崩さないように振り上げます。

・手首が動かないように注意しましょう!

・グリップエンド(グリップの末端のこと)はおへそを指します。

・両手が腰の高さの時に、両手とクラブヘッドが重なると良い。

・シャフトは目標線に平行になります。

・右足は伸びないように気をつけます。

・顔は下を向いたままです。

 

 

ゴルフの正しいテークバック

前方から

・両腕と両肩でできた三角形を崩さないように振り上げます。

・右膝や右腰が右側にスライドしないようにします。

・テークバックは、両手を遠くに、体から離す意識で上げます。

・手・腕・肩を1つのパーツと考え、肩を回転させます。

・両膝は正面を向いています。

 

 

 

③バックスイング

テークバックから更に振り上げていく動作がバックスイングです。

身体の前傾姿勢が起き上がらないように注意しましょう。

バックスイングでは、手首のコックが始まっていきます。

 

 

ゴルフの正しいバックスイング

後方から

・右足は伸びないようにします。

・手首のコックが始まり、自然と右肘が曲がり始めます。

・左腕は伸びています。

・グリップを握る力はアドレスの時から変えません。

 

 

ゴルフの正しいバックスイング

前方から

・背骨の軸を中心に左肩をしっかり右にスライドさせます。

・左肩がアゴの下に入るようにしましょう。

・左腕はつっぱらない程度にしっかり伸ばします。

・右腰がスエーしないように注意しましょう。

・左足のかかとはなるべく上げないようにします(身体が固い人は上げてもOK)

 

 

 

④トップオブスイング

クラブを振り上げる動作と振り下ろす動作の

切り返しの一瞬をトップオブスイングといいます。

 

 

ゴルフの正しいトップオブスイング

後方から

・左腕を伸ばします。

・右脇は開かないように注意しましょう!右肘が地面を指すようにします。

・両肩を基準と考え、左腕が両肩を結んだ線よりも上に位置すると良いです(トップは高く)

・クラブヘッドは両手と重なると良いです(シャフトが目標線に平行)

※写真はシャフトが目標線より左を向いています(レイドオフになっている)

・顔は下を向いています。

・右足はアドレスと同じ角度にキープします。

 

 

 

ゴルフの正しいトップオブスイング

前方から

・左肩をアゴの下に入れます。

・体重は右足内側(親指側)にかけます。

・背骨の軸は傾けないように真っ直ぐです。

・腰が右側に流れないようにします。

・左足のかかとはなるべく上げない(ヒールアップしない)ようにします。

・身体が固い人はヒールアップしても大丈夫です。

・きついと感じると身体がねじれている証拠ですので良いスイングです。

 

 

 

⑤ダウンスイング

クラブを下ろす動作のことをダウンスイングといいます。

ダウンスイングで最初に動かすのは下半身です。

 

 

ゴルフの正しいダウンスイング

後方から

・ダウンスイングの開始は左膝をアドレスの位置に戻すことから始めます。

・ヒールアップする人は左足かかとの着地から始めます。

・手でクラブを下ろさないように注意しましょう!

・腰は回っていますが、上半身は開きません。

・右肩や右膝が前方に出ないように注意しましょう。

 

 

ゴルフの正しいダウンスイング

前方から

足→腰→肩→腕→クラブの順番で振ります。

・左手主導で下ろします(左手リード)

・右手に力は入れません。

・体重は左足に移動します。

 

 

 

⑥インパクト

クラブヘッドとボールがぶつかる瞬間のことを

インパクトといいます。

ボールの飛び方はインパクトで決まります。

 

 

ゴルフの正しいインパクト

後方から

・ボールを打つまでは下を向いています。顔は上げません。

・右足かかとは上げすぎないように注意しましょう。

・両手はなるべくアドレスと同じ位置を通します。

・ボールを打とうとせず、素振りをしたらたまたま当たった位の気持ちでスイングします。

 

 

ゴルフの正しいインパクト

前方から

・両手が先行した形でインパクトします(ハンドファースト)

・体重は左足のつま先にかけます。

・左腕は伸びていますが、右腕はまだ曲がっている状態です。

・インパクトで右腕が伸びきらないように注意しましょう!

・頭の位置はアドレスの位置をキープしましょう。

 

 

 

⑦フォロースルー

クラブが振り抜かれていく動作をフォロースルーといいます。

左肘が地面を向きながら曲がっていきます。

 

 

ゴルフの正しいフォロースルー

後方から

・上半身は徐々に起き上がります。

・フォロースルーでヘッドスピードが最大になるように振ります。

 

 

 

ゴルフの正しいフォロースルー

前方から

・体の回転とともに顔も上がってきます。

・体重は左足に移動します。

・右腕は伸びます。

・頭が目標方向に動かないように(つっこまないように)注意しましょう!

 

 

 

⑧フィニッシュ

一連のスイング動作の終点がフィニッシュです。

タイミング良くスイングできると、

バランスの良いフィニッシュになります。

 

 

ゴルフの正しいフィニッシュ

後方から

・右足の靴の裏が地面に垂直になります。

・両太ももと両膝がつきます。

・おへそが目標を向きます。

・右肩が目標を向くまで体を回しましょう!

 

 

 

ゴルフの正しいフィニッシュ

前方から

・左足に体重が100%乗っています。

・左肘の高さは左肩か、高いといいですね。

・何秒でも立っていられるようなバランスの良いフィニッシュを作りましょう。

 

 

 

 

以上が、

スイングの8つのパーツと名称とそれぞれの基本になります。

 

 

今後の記事で、アドレスからフィニッシュまでの

・それぞれの振り方・注意点

・目指すべき形にするための練習方法

についてお伝えしますので、楽しみにしていてください!

 

 

 

 

★ゴルフ動画更新情報★

NEWアイコンショートパットでビビらない人のパターとビビる人のパターはどこが違うのか?

 

 

★あとがき★

記事のスイング写真を見ると寒々しいですね。

雪の日に撮りましたが、気温マイナス1度でした(>_<)

 

これからはもっと寒くなり、

吹雪の中練習することになります。

 

皆様も練習頑張ってください!

 

→旧ブログはこちらから

 

 

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!★
最近人気のゴルフレッスンブログも見れます!


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

 

 - ゴルフ知識, スイング , , , , , , , , ,